押入れの整理中にラウル・デュフィが見つかった

押入れの整理中に、以前美術館で購入したラウル・デュフィの絵葉書が出てきました。

 
日本で有名なのは「電気の精」あたりでしょうが、私はこの画家の花や楽器の絵がすきでたまりません 。

 
見ているだけで透明感とみずみずしさを感じて澄んだ気持ちになり、陽気な演奏が聞こえてくるようです。

 
静かな深夜の演奏会・・・

 
秋の夜長にこれで一杯。

 

花の絵葉書

Category :
537 views